病院の勤務シフトによっては規則的な生活ができなくなる

看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由の一つかもしれません。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても違います。
一般に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方が人気があります。
高校入学時に衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、試験までの期間が短いために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。
看護師の資格を取るには、何通りかのパターンが考えられます。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、突然、試験を受けることは認められていません。
試験を受けさせてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶことが必要なのです。
看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校の卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。